自分オリジナルのTシャツを作ろうと思ったことがある人は少なくないでしょう。学校のクラスやクラブチームなどグループでお揃いのTシャツを作った経験のある方も多いのではないでしょうか。そんなオリジナルTシャツプリントはどのようにするのでしょう。オリジナルTシャツプリントを作ってくれる会社に注文するというのが一番手っ取り早くて綺麗にできます。ただし当然それなりの費用はかかります。ある程度の人数でお金を出し合ってお揃いのTシャツプリントをする場合はこれが良いでしょう。Tシャツプリントで多く使われるシルクスクリーンというプリント技法では、版を作成するため枚数が多いほど単価が安くなる特徴があります。逆に枚数が少ない場合は単価が上がってしまいますので、自分のTシャツ一枚だけ作りたい、などという場合は自作してみるのも良いでしょう。

おしゃれなこだわりTシャツを作るにはまず素材選びから

Tシャツプリントをする際には当然Tシャツが必要になるわけですが、安いからという理由で適当なものを選んでしまうと、すぐにヨレヨレになって着られなくなってしまうということになります。良いものを作りたいと思ったらその素材にもこだわってみましょう。Tシャツプリント会社注文する場合でも、Tシャツの素材を選択できるところがほとんどですし、持ち込みでやってもらうことが可能なところもあります。Tシャツの定番素材の綿100%は型崩れせず頑丈で安価。綿・ポリエステル・レーヨンをブレンドしたものは肌触りが良くシワになりにくい。ポリエステル100%は通気性が良く乾きやすい。鹿の子生地はメッシュ素材の通気性と肌触り。それぞれの素材の特徴を考え、用途にあった素材を選んでみましょう。もちろん色や形も重要です。

技法も様々。プリント方法によって仕上がりが違います

一般的にオリジナルTシャツプリントで一番使われる技法はシルクスクリーンプリントです。一色ごとに版を起こして生地にインクを刷り込みます。耐久性に優れ、多彩なインクと特殊加工を使って幅広いデザインができます。少し大変ですが手作業で自作することもできます。シルクスクリーンの場合、色ごとに印刷して組み合わせるので、はっきりした色分けのデザインになりますが、写真などをフルカラーで印刷したい場合は転写プリントが良いでしょう。これは専用シートにデザインをプリントし、熱で生地に圧着させますので、デザインは自由です。自宅ではアイロンプリントという形で簡単にできます。他にも、背番号などに多く使われるカッティングプリントは決まった色のシートをカットして圧着するもので時間が経っても色のにじみがなく、版を作らないため一枚ずつ違うものを安価で作れます。刺繍などを取り入れてみるのもこだわりの仕上がりになるでしょう。