他機器との接続には端子を確認しよう!
2017.07.26

オッケーパソコンには、たくさんの差込口がありますよね。マウスやキーボード、プリンターなどをつなぐための端子、ということは分かっていても、どの端子にどのような機器をつなげるのか、難しくてあやふやだという方も多いと思います。今回はパソコンを他機器と接続するための端子を確認しましょう。
まず、一番よく知られているのが、「USBポート」と呼ばれる端子です。マウスやプリンターの他、外付けハードディスク、USBメモリーなどを接続できます。スマートフォンやタブレットもこのUSBポートで接続できますので、最近ではそのイメージを持たれている方が多いかもしれません。ちなみに、このUSBポートには「USB2.0」と「USB3.0」という二つの種類があり、同じUSB規格なので形状が大きく違うというわけではないのですが、その転送速度に違いがあります。「USB3.0」の方がデータの転送速度が速く、最近のパソコンでは主流になってきています。
次に、「HDMIポート」と呼ばれる端子です。この端子は主に外部ディスプレイを接続するために使用するもので、パソコンとテレビをつなぐ時などに使われることが多いです。同じくパソコンと外部ディスプレイを接続する端子に、「VGAポート」というものもあります。
次に、「LANポート」です。この端子は、モデムやWi-Fiルーターといった、インターネットを接続するためのネットワーク機器を接続するためのものです。
次に、「オーディオ」端子です。丸い三色の差込口が並んでいるのを見たことがあると思います。これらは、「スピーカー端子」「LINE IN 端子」「マイク端子」といって、サウンドを出力するための端子です。パソコンにスピーカーを接続する時に使用します。
これまでに紹介したものの他にも、パソコンの機種によってはさらに違う端子がある場合もあります。このように、パソコンにはさまざまな端子があり、多くの機器を接続することができます。マウスやキーボード、プリンターやスキャナーの他、デジタルカメラをつないで写真を取り込んだり、スマートフォンやタブレットをつないでデータを転送したり、バックアップを取ったりなど、他機器とつなぐことによって色々な作業が可能になります。
ご紹介した通り、端子には種類がありますので、接続したい機器に合った端子を正しく使う必要があります。ケーブルを購入する際や機器を実際に接続する際には、端子の種類や形をよく確認して、つなぎたい機器に対応している正しい物を選ぶようにしましょう。

▲ ページトップへ